ホーム > 事業内容 > 地域支援事業 > 地域活性化事業

事業内容

地域活性化事業

本事業は、拠点開発及び地域貢献にかかわる事業であり、公社の収益事業の一つとして、地域の活性化や発展を目的として行う事業です。

 

拠点開発にかかわる事業

本事業は、土地区画整理事業により駅前に換地された公社用地などを活用して、地域の利便性向上及び活性化を図ることを目的に実施する事業で、平成25年度末現在5棟のビルが利用されています。

京王線北野駅前に位置する「きたのタウンビル」は昭和63年に建設した複合ビルで、八王子市北野市民センター・スーパーマーケット・メディカルセンター・保育園など諸施設を機能的に融合した、地域の核施設としての役割を担っています。

多摩都市モノレール万願寺駅前に位置する「万願寺タウンビル」は、平成12年に建設した商業施設と公共施設を備えているビルです。立川市や国立市方面からのアクセス向上による宅地化の進展と共に地域住民の生活利便と地域の発展向上に貢献しています。

JR青梅線河辺駅北口には、駅前大通りを挟み東側に「河辺タウンビルA」、西側に「河辺夕ウンビルB」が平成19年にオープンしました。河辺タウンビルAはスーパーマーケットを核とする商業施設、河辺夕ウンビルBは1階が商業施設と高齢者福祉施設(デイサービ
スセンター)、2階から4階が青梅市中央図書館、5階と6階が温浴施設「河辺温泉梅の湯」からなる複合ビルです。A・B両ビルはJR河辺駅と青梅市が施工した回遊式の歩行者用デッキで結ばれ、青梅市の玄関口として地域活性化に大いに貢献しています。

JR八王子駅南口には、多摩地域最高層となる高さ158mの「サザンスカイタワー八王子」が八王子のランドマークとして平成22年にオープンし、八王子駅南口総合事務所、オリンパスホール八王子、医療機関、商業施設等で構成される複合ビルです。八王子の一層の賑わいと芸術文化の創造拠点となっています。

きたのタウンビル

万願寺タウンビル

 

河辺タウンビル(Aビル:右、Bビル:左)

サザンスカイタワー八王子

 

事業実績

名称(構造・内容) 概要
きたのタウンビル
(SRC 造・B1F-8F)
八王子市北野市民センター(ホール、図書館)・商業施設・保育園・医療機関他
万願寺タウンビル
(S 造・B1F-3F)
日野市地域子ども家庭支援センター・日野市民リサイクルショップ・商業施設他
河辺タウンビルA
(S 造・8F)
商業施設他
河辺タウンビルB
(SRC 造・6F)
青梅市中央図書館・高齢者福祉施設・河辺温泉梅の湯・商業施設他
サザンスカイタワー八王子
(SRC 造・B2F-41F)
八王子駅南口総合事務所・オリンパスホール八王子・医療機関・商業施設・住宅・事務所他
…公社は再開発事業による権利変換により商業床を取得しています。

 

 

地域貢献にかかわる事業

本事業は、公社用地を活用して都民住宅や看護師寮などの生活拠点施設を建設し地域社会の発展に資すること、公用公共施設、社会福祉施設、商業施設などに事業用借地権により貸付けて地域貢献することを目的とした事業です。

都民住宅としては、都の住宅施策と地域住民の利便に寄与するため建設された「新都市はざま」(八王子市、平成4年度)をはじめ4棟を建設しました。(「新都市はざま」については、平成24年度に返還され、一般世帯向け住宅として貸付ています。)

都民住宅以外では、医療機関職員向けの住居として「アリッサム」(八王子市、平成12年度)他1棟、その他、主に多摩地域に在学する学生向け住居として「力レッジスクエア日野」(日野市、平成9年度)他6棟を貸付ています。

その他の施設では、商業施設「ショップガーデン忠生」(町田市、平成21年度)や、温浴施設「阿伎留の四季(あきるのとき)」(あきる野市、平成22年度)及び、医療施設「新町クリニック」(青梅市、平成22年度)といった地域貢献目的の建物を建設するとともに、「サービス付き高齢者向け住宅南聖園」(羽村市、平成24年度)を貸付けています。

また、幹線道路沿いなどの公社用地については、平成9年度より事業用定期借地権制度を活用した土地貸付を行い、平成25年度末現在、八王子市椚田地区ほか13地区、45ケ所(約14万㎡)で保育園や行政機関へ用地の提供、商業施設等の出店促進に役立っています。

温浴施設 阿伎留の四季(あきるのとき)

医療施設 新町クリニック

 

サービス付き高齢者向け住宅 南聖園

事業実績

公益財団法人 東京都都市づくり公社

〒192-0904 東京都八王子市子安町4-7-1 サザンスカイタワー八王子 6・7階  アクセス  お問い合わせ